しろ彩の安全性・危険性

白漢 しろ彩・ulu(ウルウ)・ピオリナを比較!【赤ら顔化粧水】

しろ彩・ulu(ウルウ)・ピオリナを比較してみた【赤ら顔化粧水】

赤ら顔ケア用化粧品は、何もしろ彩だけではありません。

有名どころだと、ulu(ウルウ)やピオリナなどもあります。

今回は、しろ彩uluピオリナを比較してみました。

しろ彩と【ulu(ウルウ)】の比較

テクスチャ―の違い

しろ彩は、ほんのり白みのある化粧水、といった感じです。

uluは、ほとんど透明の化粧水のような感じです。

シェイクモイスト”ミルク”という名前ですが、ミルク感はありません。

どちらも、さらっとしてお肌への馴染みがよいです。

潤い・保湿力の違い

しろ彩は、ラメラローションを使った後に通常通り保湿ケアすることが推奨されています

uluウルウ)は、オールインワンとして作られているので、1本でも十分潤います

推奨されている使用方法からいえば、単品ではuluの方が潤いはあります。

 

しかし、uluも保湿ケアを加えた方が、より潤いをキープすることができます。

しろ彩もuluも化粧水なので、乾燥が気になる時期だと単品では物足りないと思います。

プラスで保湿クリームや乳液を塗ることで、潤いをより実感できます。

赤ら顔ケアの実力の違い

どちらもお肌の毛細血管に着目し、赤みをケアしていく面では同じです。

では、どちらがより効果的か、ということですが…

これは、個人差もあるため一概にはいえません。

 

参考までに、アットコスメの評価によると…。

しろ彩:総合評価 ★5.1(口コミ 243件)

ulu:総合評価 ★4.6(口コミ 79件)

 

アットコスメでは、しろ彩の方が人気です

総合評価も高いので、実感している人が多いということです。

口コミの面で見るなら、しろ彩に軍配が上がります。

しろ彩と【ピオリナ】の比較

しろ彩は、ほんのり白く、さらっとした化粧水ですが…

ピオリナは、少しとろみがあるのが特徴です。

とろみがありながら、伸びが良く肌馴染みも良いです。

伸びや馴染みの面で言えば、どちらも負けず劣らずといったところでしょうか。

テクスチャーに関しては、さらっとしたのが好みか、とろっとした方が好みか、という観点で判断して良さそうです。

潤い・保湿力の違い

ピオリナもしろ彩も、塗ってからは保湿クリームなどでケアすることが推奨されています

なので、どちらも1本で1日中潤いキープ、というわけではありません。

その後の保湿ケアをサポートしてくれるものです。

人によって意見が分かれるところでもあります。

赤ら顔ケアの実力の違い

肝心の赤ら顔ケアの違いに関してですが…

ピオリナはアットコスメでの口コミがなかったため、単純に点数の比較ができません。

なので、アットコスメ以外の口コミを見てみることにしましょう。

ピオリナの口コミ

始めて3週間で

 

使い始めて3週間くらいで、赤みが気にならなくなってきました

本来2~3か月続けたら実感しやすくなるらしいのですが、早く実感できました。

伸びが良くに塗りやすいのが嬉しいですね。

 

少量でいきわたる

 

少量でお顔全体に潤いが広がる感じがします。

徐々に赤みに関してもケアにつながっています。

まだまだ完ぺきではありませんが、続けていきたいと思います。

 

少しずついい感じに

 

ちょっとしたことで、すぐに顔が赤くなるのに悩んでいました。

ピオリナを使ううちに、少しずついい感じに

ローション自体も塗りこみやすく、潤いも感じます。

 

口コミまとめ

・使い始めて3週間くらいで実感してきた

・しっかりお肌に染み渡る

・徐々に赤みケアを実感している

こうした評価から考えてみると、やはりしろ彩と似ている部分が多いですね。

まとめ

ulu(ウルウ)もピオリナも、赤ら顔用化粧アイテムとしては申し分ありません。

あとは予算・自分との相性・自分の好みを考慮して、納得のいく商品を買うのがポイントです。

>>>ulu(ウルウ)を使ってみる

>>>ピオリナを使ってみる

>>>しろ彩を使ってみる

https://peorina-matome.com

https://shirosai-matome.net/